was successfully added to your cart.

Category

CBD

ElixinolのCBD製品の原料と特徴について

By | CBD | No Comments

エリクシノールのCBDオイル原料について

近年、CBD(カンナビジオール)が全国ニュースに掲載されるなどして、注目を浴びています。と同時に、ヘンプCBDオイル製品を扱う弊社としては、正しい情報を提供する義務もあると考えております。

今回は、改めて弊社ElixinolのCBD製品について、また原料であるヘンプ(Hemp)について、弊社製品の特徴についてもご紹介致します。

ElixinolのCBDオイルは産業用ヘンプ(Hemp)から製造しています。

弊社では、産業用ヘンプ(産業用大麻)と呼ばれる麻を原料に用い、そこから抽出されたCBDを使用しています。

「産業用ヘンプ」とは、陶酔作用のある成分がほとんど含まれていない認定栽培品種のことを指します。国際的な基準では、乾燥重量において陶酔成分の含有量が0.3%以下という基準を満たしたものが産業用ヘンプとして認定されています。認定された品種であれば、一般の作物と同様に栽培・収穫・販売を行うことができます。

なお日本国内では、特に栃木県においては盛んに栽培されている「伝統的な栽培作物」でもあります。これは主に、伝統産業向けの繊維を得るために栽培しています。日本で栽培されているのは、主に「とちぎしろ」という品種です。これも世界的な基準を当てはめると、産業用ヘンプとカテゴライズすることができます。(栽培には県の認可が必要です。)

ヘンプの恩恵と人類のヒストリー

歴史を紐解くと、産業用ヘンプは人類にとって最も身近な植物の一つであり続けてきたと考えることができます。

日本では縄文時代の鳥浜貝塚(福井県)から、産業用ヘンプが繊維・織物用途に利用された痕跡が見つかっています。また、その後も近現代までは「麻織物」はもっぱら庶民の衣料素材として重宝され、種子は七味唐辛子などの薬味・漢方として、日本人は何世紀にもわたってその恩恵にあずかってきました。

現代においては、産業用ヘンプを原料とした様々な製品を身近に見つけることができます。衣料品、ロープ、食品、バイオ燃料、ボディケア製品、自動車の内装資材、その他の様々な産業用製品などに利用されています。フォーブスによれば、産業用ヘンプから、2万5000種類以上の製品が作られていると言われています。

近年においては、CBD(カンナビジオール)の発見と利活用がスタートし、人類はさらなる恩恵をヘンプから享受することになります。

ヘンプが持つの全ての栄養素を有効活用。

弊社では、産業用ヘンプの持つ潜在的な可能性を効果的提供するために、ヘンプの茎と種子から抽出した原料を余すことなく使用しています。

つまり、ヘンプに含まれる「CBDだけ」を抽出・分離するのではなく、テルペノイドやフラボノイドといった「ファイトニュートリエント(植物性栄養素)」をすべて抽出しています。これらすべての有効成分を抽出したヘンプCBDオイルを「フルスペクトラム」と呼びます。

近年では、CBDとテルペノイド・フラボノイドといった様々な薬理活性物質がそれぞれに助け合う相性の良さが示唆されています。これら成分同士の補完的な関係は「アントラージュ効果」と呼ばれます。

Elixinolでは、ヘンプに含まれるすべての栄養素を余すことなく利用したフルスペクトラムCBDオイルが、多くの人のウェルネスにつながることを確信しています。

ElixinolのCBD製品は世界40カ国以上で利用されています。

Elixinolは最高品質のヘンプCBD製品を提供するというビジョンを掲げ、米国および世界40カ国以上で製品を販売するための要件を満たしている、数少ない企業の1つです。また、Elixinolでは、消費者に最高品質の製品を提供するために、必要な研究、栽培、抽出、成分検査、商品管理、流通を行っています。

世界中のすべての人々のウェルネスライフのために、最高品質CBDオイル製品をお届けいたします。