HOW TO CHOOSE CBD

CBDオイルの選び方・使い方

自分らしく健康的に生きていくためには、自身の心の声に耳を傾け、内なるバランスを整えることが鍵となります。CBDオイルは、本来のバランスの取れた「あなたらしさ」をサポートしてくれます。当ページを参考にご自身に合ったCBD製品を選び、少量から少しずつ身体に慣らしていきましょう。

CBD製品の種類とオススメ

 飲むCBDオイル 

CBDオイルは、一般的なサプリメントと同様に、口から飲み込み、消化器官で吸収されて全身にめぐります。
CBDは口内の粘膜からも吸収されるので、ゆっくりと口内になじませることで、より効率よくCBDをご利用頂けます。

スポイトタイプの特徴

スポイトの付いたタイプのCBDオイルは、調子や気分に合わせて使用量をご自身で調整できるのがメリット。また、口内にゆっくりとなじませることで、より効果的にCBDを取り入れることができます。
すべてのスポイトタイプCBDオイルには、ベースオイルはMCTオイルを採用。MCTオイルは一般的なオイルと比べ速やかに分解され、エネルギーになりやすい健康オイルです。
毎日ご自身の調子に合わせてCBDの摂取量を調整したい人にオススメです。

カプセルタイプの特徴

カプセルは、1粒あたりCBD 10mgとわかりやすく、日々の調子とCBD摂取量の管理に優れています。オイルをこぼす心配もなく、持ち運びも容易です。
また、カプセルオイルはカラダに欠かせない必須脂肪酸オメガ3・6が豊富なヘンプシードオイルを採用。毎日の健康管理にCBDを取り入れたい人にオススメ。

 塗るCBDオイル

CBDオイルは、分子サイズが小さいため、肌や筋肉・関節部などのセルフケアにも、局所的にご利用いただくことができます。首筋や関節・筋肉など気になる部分に塗ってご利用頂けます。

ロールオンタイプの特徴

ロールオンタイプはバッグやポーチに入れて持ち運びに便利。ちょっとしたスキマ時間に、人の目も気にせず、サッとひと塗りで気分転換に。ミントの香りの爽やかなCBDオイル。手を汚さずに気軽に使えるのがロールオンのGOODポイントです。肉体を酷使するお仕事や、同じ姿勢でいることの多いデスクワークの人にオススメです。

 吸うCBD

CBDは、VAPE機器を使用することで、水蒸気化させたCBDを吸い込んで体内に取り込むことができます。
非常にスピーディな体感を得られ、効率的に利用できるのがポイントです。
ただし、VAPE機器は消耗品なので、定期的な買い替えが必要となり、CBD上級者向け。

レスピラの特徴

一般的なCBDリキッドは、PG(プロピレングリコール)を含むものがほとんどですが、レスピラは植物由来のVG(ベジタブルグリセリン)を採用。VGとヘンプCBDオイルを特殊な技術で混ぜ合わせています。余分なものを一切省いた、ナチュラルなフレーバーをお楽しみいただけます。
スピーディな体感を求めている人にオススメです。

CBDオイル摂取量と計算方法

CBDオイルは含有量だけでなく、濃度(%)で表示されることもあり、混乱を招きがちですが、1日にCBDをどれだけ摂取したかを把握することが最も大切です。
日々の摂取量と、ご自身の体感を観察することで、あなた自身のCBDの最適量を見つけることができます。

  ドロップス
100
ドロップス
300
ドロップス
1000
マインドフルネス
オイルエッセンス
リトリート
オイルカプセル
トリップライン
500
トリップライン
1200
1回の目安量と
CBD含有量
スポイト半分
(20滴)
CBD 1.65mg
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
1カプセル
CBD 10mg
スポイト1滴
CBD 1.25mg
スポイト1滴
CBD 3mg

 あなたのCBDの「最適量」を探してみよう。

はじめてCBDを使用する場合、上記の目安摂取量から始めてみましょう。1日に2~3回、難しいようであれば1日1回からスタートしましょう。 目安量はあくまで目安です。それぞれのCBDの最適量は異なります。日々お使いいただく中で、摂取量を増減させて、ご自身の調子が一番良いと感じる量を探してみましょう。
CBDの摂取量と、カラダの調子をご自身でしっかり観察していくことが、CBDとの付き合い方のポイントです。

HOW TO CHOOSE CBD

CBDオイルの選び方・使い方

自分らしく健康的に生きていくためには、自身の心の声に耳を傾け、内なるバランスを整えることが鍵となります。CBDオイルは、本来のバランスの取れた「あなたらしさ」をサポートしてくれます。当ページを参考にご自身に合ったCBD製品を選び、少量から少しずつ身体に慣らしていきましょう。

CBD製品の種類とオススメ

飲むCBDオイル

CBDオイルは、一般的なサプリメントと同様に、口から飲み込み、消化器官で吸収されて全身にめぐります。
CBDは口内の粘膜からも吸収されるので、ゆっくりと口内になじませることで、より効率よくCBDをご利用頂けます。

スポイトタイプの特徴

スポイトの付いたタイプのCBDオイルは、調子や気分に併せて使用量をご自身で調整できるのがメリット。また、口内にゆっくりとなじませることで、より効果的にCBDを取り入れることができます。
ベースオイルはMCTオイルを採用。MCTオイルは一般的なオイルと比べ速やかに分解され、エネルギーになりやすい健康オイルです。
毎日ご自身の調子に合わせてCBDの摂取量を調整したい人にオススメです。

カプセルタイプの特徴

カプセルは、1粒あたりCBD 10mgとわかりやすく、日々の調子とCBD摂取量の管理に優れています。オイルをこぼす心配もなく、持ち運びも容易です。
また、カプセルオイルはカラダに欠かせない必須脂肪酸オメガ3・6が豊富なヘンプシードオイルを採用。毎日の健康管理にCBDを取り入れたい人にオススメ。

塗るCBDオイル

CBDオイルは、分子サイズが小さいため、肌や筋肉・関節部などのセルフケアにも、局所的にご利用いただくことができます。首筋や関節・筋肉など気になる部分に塗ってご利用頂けます。

ロールオンタイプの特徴

ロールオンタイプはバッグやポーチに入れて持ち運びに便利。ちょっとしたスキマ時間に、人の目も気にせず、サッとひと塗りで気分転換に。ミントの香りの爽やかなCBDオイル。手を汚さずに気軽に使えるのがロールオンのGOODポイントです。肉体を酷使するお仕事や、同じ姿勢でいることの多いデスクワークの人にオススメです。

吸うCBD

CBDは、VAPE機器を使用することで、水蒸気化させたCBDを吸い込んで体内に取り込むことができます。
非常にスピーディな体感を得られ、効率的に利用できるのがポイントです。
ただし、VAPE機器は消耗品なので、定期的な買い替えが必要となり、CBD上級者向け。

レスピラの特徴

一般的なCBDリキッドは、PG(プロピレングリコール)を含むものがほとんどですが、レスピラは植物由来のVG(ベジタブルグリセリン)を採用。VGとヘンプCBDオイルを特殊な技術で混ぜ合わせています。余分なものを一切省いた、ナチュラルなフレーバーをお楽しみいただけます。
スピーディな体感を求めている人にオススメです。

CBDオイル摂取量と計算方法

CBDオイルは含有量(mg)の他にも、濃度(%)で表示されることもあり、ユーザーの混乱を招きがちですが、1日にCBDをどれだけ摂取したかを把握することが最も大切です。
「日々のCBD摂取量」と「ご自身の体感」を観察することで、あなた自身のCBDの最適量を見つけることができます。

  ドロップス
100
ドロップス
300
ドロップス
1000
1回の目安量と
CBD含有量
スポイト半分
(20滴)
CBD 1.65mg
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
  マインドフルネス
オイルエッセンス
リトリート
オイルカプセル
トリップライン
500
トリップライン
1200
1回の目安量と
CBD含有量
スポイト半分
(20滴)
CBD 5mg
1カプセル
CBD 10mg
スポイト1滴
CBD 1.25mg
スポイト1滴
CBD 3mg

あなたのCBDの
「最適量」を探してみよう。

はじめてCBDを使用する場合、上記の目安摂取量から始めてみましょう。1日に2~3回、難しいようであれば1日1回からスタートしましょう。 目安量はあくまで目安です。それぞれのCBDの最適量は異なります。日々お使いいただく中で、摂取量を増減させて、ご自身の調子が一番良いと感じる量を探してみましょう。
CBDの摂取量と、カラダの調子をご自身でしっかり観察していくことが、CBDとの付き合い方のポイントです。